スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

▲ページの先頭へ 

「マーケティング」という言葉の意味

言葉を正しく理解することは言葉を正しく使うすることにつながります。正しく使うことは正しく伝わることにつながり、期待したコミュニケーションの結果を引き出します。

ですから、皆さん正しい言葉を知っておきましょう。

弊社がしばしば誤解を受けるのは、「マーケティング」という言葉について。

マーケティングは、どうやら一般的には、「ある現象・事象に関して不特定多数の人を対象に調査すること」と理解されているようです。

しかし、それは大きな勘違いです!!!

wikipediaによれば、

マーケティング(marketing)とは、企業や非営利組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその商品を効果的に得られるようにする活動」の全てを表す概念である。

とあります。

企業活動(経営)を端的に整理するとこうなります。



マーケティングは、経営の中枢のことです。

wikipediaの続きはこうなっています。

一般的な企業活動のうち、商品・サービスそのものの企画・開発・設計やブランディングから、市場調査・分析、価格設定、広告・宣伝・広報、販売促進、流通、マーチャンダイジング、店舗・施設の設計・設置、(いわゆる)営業、集客、接客、顧客の情報管理等に至る広い範囲においてマーケティングミックスの4Pや4Cの活動が行われている。 企業活動のうち、対顧客視点での活動が行われない製造ライン、研究、経理、人事などの部門は、マーケティング活動とはやや遠い位置づけになる。

一般的にビジネスの現場やマスメディアにおいては、広告・宣伝、集客や販促活動のみをマーケティングと捉える傾向が強いが、これは本来のマーケティングの意味からすれば誤解である。 この誤解は、マーケティングという言葉・概念の普及過程において、企業の宣伝担当部門などがマーケティング部などと名乗ることが多かったため、その部門の担当業務がマーケティング全体を指していると誤って捉えられたと考えられる。

マーケティングの定義は様々に変遷してきているが、商品またはサービスを購入するポテンシャルのある顧客候補に対して情報提供(情報収集)などマーケティング・コミュニケーション活動で相互学習状態を形成して購買に至らしめ、さらなるコミュニケーションのステップアップにて固定顧客化して顧客価値を高め、再購入や顧客連鎖を促進する、などの企業活動の拡大再生産(あるいは維持)を図るための一連の行為であり、心理学、数学、社会学、経済学、そして文学・芸術等様々な知識の上から成り立つ高度なスキルである。


決して、マーケティングリサーチ(市場調査)という意味ではありまん。

マーケティングが大事でない企業はこの世に存在しないということが言えます。

しかし、言葉を正しく理解されていない経営者・経営幹部の方が多いのも現実。


「うちみたいな中小企業にマーケティングは必要ないよ」
「うちは充分にマーケティングしていますよ!」


そんな言葉でマーケティングの重要性に気づかずにこれまでやってこれた経営者の方。

不況時代、マーケティングの力のない会社は長持ちしません。これまで売れたモノが売れず、昨日までお得意先だったお客様が離れる(廃業されるか、浮気されるか)ことが毎日起こります。

優秀な営業マン、人気の商品だけで売れていた時代は終わりました。

会社を永続させるために、どうすれば顧客を創り出し、かつ維持できるのか・・・。

それを真剣に考えていますか?

▲ページの先頭へ 

スポンサーサイト

▲ページの先頭へ 


テレビ会議・WEB会議のライブスペース  ロゴマークの風水ロゴNET  加圧トレーニングは大阪の大野DOJYO